バストアップ クリーム

バストアップクリーム…効くの? 効かないの?

バストアップアイテムの中でも、クリームはもっとも知名度の高いアイテムといえるでしょう。手術やエステほど高額ではなく、食事療法や運動療法よりも手軽で、体内にはいれないという意味でサプリメントよりも安全性が高い。その性格上、バストアップを目指す多くの方が利用しています。

ではこのバストアップクリーム、効果の方はどうなのでしょうか。

今はそれぞれの企業で、非常に独自性にとんだクリームを打ち出しています。配合成分、フォロー体制、返金保障制度…。以前に比べればぐっと種類も増えましたから、選ぶ際に迷う人も多いはずです。

配合成分として多くのところで持ち上げられているヒアルロン酸やコラーゲンですが、これは実は皮膚に塗っても何の意味もありません。というのは、ヒアルロン酸というのはN-アセチルグルコサミンとグルクロン酸という二糖が結びついたものであり、それ以上のものではないからです。コラーゲンが柔軟なため若いときの肌はぷるぷるしています。年をとるとこれが結びつき始め、硬くなり、そのせいで皮膚の弾力は失われていきます。ですからその上にコラーゲンを塗るというのは、効果があるように見えます。しかしコラーゲンは皮膚の「表面」にあるのではなく「皮膚下」にあるのであって、上からいくら塗りたくったところで、胸がツヤツヤになる筈がないのです。上から付加すれば大きくなるのであれば、自分の脂肪を上から塗っても大きくなる、という理屈になってしまいますよね。

フォロー体制は非常に重要で、大手のところではサポートセンターを常設し、メールなどに対応してくれます。「でも自分の商品を悪く言うはずないよね」と思う方は多いですが、「売りっぱなし」「解説なし」よりはずっと安心できるでしょう。また利用者同士の感想などは、忌憚がない分信頼できます。

返金保証制度は、ないよりはあった方が安全です。ただし、そもそもこの「返金保証制度」というものが、実際には「保証」ではないこともあるので注意が必要です。「効果がなかった返金してほしい」と申し出ると、いろんなパターンがありますが、「最低○ヶ月使って効果やサイズを毎日レポートにして提出してほしい」「使用前のバストと今のバストの写真を送れ」と無茶な条件を提示してくる業者もいるのです。また、そもそも「効いた効かない」は個人の主観によるところも大きいので、「効かなかった」根拠を示すのが極めて難しいという事実も、この返金保証というシステムに疑問を投じる一石にもなっています。

バストアップクリームを使うとき、ただ塗るだけで効果があると謳うところはまれでしょう。ほとんどのところでマッサージが必要だとしているはずです。このマッサージというのは、確かにバストアップにゆうこうです。ですからマッサージクリームに頼り切るのではなく、「マッサージを快適に、心地よく行うためのツール」という認識でいたほうがストレスがたまらないでしょう。

バストアップに成功した方法を公開!