バストと女性ホルモンの関係

サイズアップのために知っておきたい、バストと女性ホルモンの関係

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがあります。二つともバストアップにとても密接な関係のあるホルモンになります。

エストロゲンとは排卵を引き起こすホルモンで妊娠するためにも欠かせない大事なホルモンです。そしてコラーゲンを作ったり、太ももやバスト、お尻などの皮下脂肪を作ったり、髪を増やしつややかに美しく保つ働きがあります。コラーゲンを作ることで、肌のきめをこまかくしたり、皮膚にハリがでます。バストのハリにコラーゲンは役立ちます。そして女性らしい丸みのある体にはお尻やバストの皮下脂肪が必要です。バストのハリや大きくするためにエストロゲンは大事な役割を持っています。

プロゲステロンは受精卵が着床しやすいように、お布団である子宮内膜をふかふかにする役割があります。そしてさらに乳腺を発達させます。乳腺は多いほうがバストアップにつながるので、こちらもバストアップに欠かせない役割を持っています。

そして女性ホルモンではありませんがバストアップに欠かせないもう一つのホルモンが成長ホルモンです。成長ホルモンは夜、寝ている間にたくさん分泌されるので睡眠時間もバストアップには大切な要素になります。

そしてエストロゲンは極度のストレスや無理なダイエットで分泌されなくなることがあります。分泌されなくなると、肌荒れや月経を止めてしまい、妊娠できなくなってしまうこともあります。妊娠を望んでいなくても、女性にとってエストロゲンは大事なホルモンなので無理なダイエットはしないようにして、なるべくストレスのない生活を送るようにしましょう。

バストアップに成功した方法を公開!