乳腺を刺激してハリのあるバストを取り戻す

乳腺を刺激してハリのあるバストを取り戻そう

人のバストの大きさは乳腺の多さで決まります。乳腺の数は遺伝なども関係しますが、マッサージなどで刺激して増やすこともできます。乳腺を刺激することでバストのハリも取り戻すことができるので、垂れて悩んでいる人にも効果的です。簡単にできる乳腺刺激マッサージでバストアップに励みましょう。

ではやり方を説明します。まずは「だん中」と呼ばれるツボを両手の指先でゆっくり3回ほど押します。「だん中」は胸の中心にあるツボで両方の乳首を結んだ横の線と、体の中心の縦の線が交わるところにあります。そして次に右手を左の胸の下にいれ、胸をぐっと持ち上げるイメージで手を右肩まで動かします。左手も右胸の下にいれ同じように動かします。さらに胸全体を少しずつつまんでリンパと乳腺を刺激します。あまり痛くないように軽くつまむ程度で大丈夫です。それから脇の下に手を入れてバストに向かって手を動かします。脇の下はリンパが集まっているので、リンパの流れを胸に向かってよくするようなイメージで両脇を丁寧に行ないます。最後に腕を上げて、二の腕の脂肪を胸に落とすようにマッサージします。動かし方は腕から胸への一方通行だけで行ないます。こちらも両腕終わったら終了です。

このような簡単なマッサージで乳腺が刺激され、バストアップや胸のハリが期待できます。ただしマッサージするときはゆっくり優しくしましょう。あまり強く力を入れすぎると乳腺が壊されて逆効果になってしまうので注意が必要です。半身浴などでリラックスした気分のときに行なうのもいいでしょう。そしてマッサージ用のジェルやクリームも販売されているので、摩擦が気になる人は購入して使ってみるといいでしょう。

バストアップに成功した方法を公開!