中学生でもできる、簡単バストアップ術

中学生でもできるお金のかからないバストアップ術

中学生になると、体に丸みをおびて、胸が大きくなったり、大人っぽい体型になっていきます。まわりの子がどんどん胸が大きくなるのに自分はまだだと焦っていたりしませんか?あちこちでバストアップグッズが販売されていますが、中学生のおこづかいではなかなか手が出ないことが多いと思います。そこで中学生でもお金をかけずに簡単にできるバストアップ術をご紹介します。

まず一番簡単で中学生だからこそ実践して欲しいのは、よく寝ることです。中学生は成長ホルモンがたくさん分泌される時期です。成長ホルモンはバストアップでも大事な役割を果たします。睡眠をしっかりとることでその成長ホルモンがたくさん分泌されるのでよく寝るようにしましょう。ただしお昼寝ではだめです。22時から2時が一番分泌量が増える時間帯なので、その時間に熟睡できるようにベッドに入るようにしましょう。

そして大胸筋を鍛えましょう。腕立て伏せが一番有名な大胸筋の鍛え方ですが、腕立て伏せはどこでもできるわけではありません。立っていても座っていても、家でも学校でも公園でも、どこでもできる鍛え方もあります。まず両手の手のひらを胸の前で合わせます。両肘は腕が地面と水平になるように持ち上げます。その状態で両手を力いっぱい10秒間押し合います。それを15回繰り返すのを一日2セット行なうのが目安です。やりすぎるとバストアップに必要な脂肪が筋肉になってしまい、バストアップどころかサイズダウンしてしまうこともあるのでほどほどに行なうのがいいでしょう。

まだまだ中学生では焦る必要はありません。30代になってから成長する人もいます。筋トレも睡眠も続けることが大事です。遅れてきた成長期にも対応できるように、これらのことを日々の生活の習慣にするといいですね。

バストアップに成功した方法を公開!