豆乳 バストアップ

イソフラボンをとろう! お家で簡単豆乳メニュー

イソフラボンたっぷりの豆乳は、バストアップのみならず健康にもよく、重宝されています。ローカロリーでありながら栄養素が豊富なので、ダイエット食に利用する人も多いでしょう。

豆乳の独特の風味が苦手、という方でなければ、バストアップや痩身に高い効果をもたらしてくれるこの食品ですが、どのように摂取すればいいのでしょうか。豆乳ドリンクなどは豊富であり、味のバリエーションも数多く存在しますが、ただ「飲む」だけだったら、いかに好きな人でも飽きてしまいますよね。今回はそんな方のために、料理の材料として豆乳を使う方法をお教えします。

一番簡単なのは、牛乳を豆乳に置き換えて使用することです。実は低脂肪牛乳の場合は豆乳とカロリー量はほとんど変わらないのですが、普通の牛乳を飲んでいたり使用したりしているひとにとっては、カロリーダウンの意味でも有効でしょう。

牛乳を用いる料理はたくさんあります。グラタン、ハンバーグ、スープにデザート。この中でも、置き換えするのにもっとも適しているのはスープです。特に豆乳好きの方には、その風味が存分に楽しめるのでお勧めですよ。今回は夏向きの冷たいスープ、ヴィシソワージュを例にとりましょう。

ヴィシソワーズの基本の材料は、じゃがいも4個にポワロー1本、タマネギ1/4、バターとブイヨンを500ml~1000!、それから生クリーム100mlに牛乳が150mlです。ポワローがなければ長ネギで代用しましょう。あればローリエをいれると香りがよくなります。豆乳での置き換えをする際は生クリームも牛乳もなしにしてしまってかまいません。豆乳450mlとスキムミルク大匙2で作ります。

①タマネギとポワローをバターで鍋でいためます。こがさず、しんなりさせる感じです。あめ色状態にはしないで、透き通った状態で火をとめます②同じ鍋にスライスしたジャガイモをいれ、コンソメスープと一緒に煮込みます③豆乳と②をあわせ、ミキサーでかきまぜる。物足りなさを感じたら、塩や胡椒を足してください④スキムミルクをいれて完成。⑤あら熱をとったら冷蔵庫で保冷し、キンキンにひやしていただきます。

豆乳で作ったヴィシソワーズは、牛乳を用いたときよりもっと飲み口が軽く、はっきり夏向きのメニューになります。暑気払いとバストアップが一度に出来る豆乳ヴィシソワーズ、ぜひ一度ご賞味ください。

バストアップに成功した方法を公開!